海外のゲームにおける自販機の存在意義について

HI-SCORE: 20120206

Bioshock

ようやくBioshockの世界館に慣れてきましたね~
敵がいないと思ってどんどん進んでいくと、セキュリティアラームが鳴り出すので
敵がいない時こそ慎重に進むようにしてますw
Big Daddyが倒せね~!と思って、攻略をちらっと覗いた時に見てしまって
チャプター数?がそんなにないから、あっという間に終わっちゃうのかな?とか
思ってたんですが、全然そんなことなくて、一つのエリアが割りと広いし
アイテムを集めてきてくれとか頼まれたりもするので、やることは多いですね
Big Daddyも武器を強化したり、ハッキングしたセキュリティカメラのあるエリアに
おびき寄せてたりと、真っ向勝負を挑まなければ、なんとか倒せるくらいように!
で、Big Daddyを倒すとリトルシスターを救うか採取するかを選択するんですが

救うほうを選ぶと、不気味な姿から元の姿?へと戻って
ありがとうと言って去っていく姿が可愛らしくて良いですね~
狂気の街の中で見るあの子供の表情を見るとほっとする感じですw
他がヤバすぎますからね・・・

(額のど真ん中に照準合ってますが、たまたまです!撮影するのに必死でしたw)
とにかくボーダーランズと同じ2Kの作品なので安心して遊べる感じですね~
ゲーム好きな集団が遊び心を忘れずに作ってる感じが随所に見られて
やっぱゲームってこうでなくちゃって思わされますね~
あと、ふと思ったのは、ゲーム中にこのような自販機がいくつか登場するんですが
COD BOのゾンビモードにしろ、海外のゲームって自販機の登場が多くないですか?
日本に比べると自販機って海外ではあまり見ないんですよね?
というのもお金が入ってるんだから、こじ開けられて盗まれるのがオチってことから
海外では外に自販機ってあまりないらしいんですが、数が少ないってことで
自販機に対する特別な想い?ってのが何かあるんでしょうかね~?
日本だとあちこちに設置してあるので、「あっ自販機だ!」とか思わないすからねw

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA