Darkest Dungenをプレイ開始!

HI-SCORE: 20181004

Darkest Dungen

ずっと気になっていて、この前日本語版も配信開始したDarkest Dungenがちょうどセールになっていたので購入して、小一時間ほどプレイしてみましたね〜

ゲームとしては戦闘がターン制のRPGで、アクション的な操作はないので気軽に楽しめるゲームではあるんですが、このゲームの一番の特徴的な要素としては、冒険家達(ヒーロー)のストレスを管理することにあるみたいですね〜

松明を消費しながら進んでいくんですが、暗くなるとストレスになるし、お腹が減っても食料を与えないとストレスが増加、という基本的な事以外にも、アンデットが苦手なヒーローはアンデットと遭遇するとストレスになったりと、様々なストレス要素があって、ストレスが溜まると精神錯乱して仲間の回復を受け入れなかったりと問題行動を起こすようになって、一気にパーティー内が不安定になってピンチに・・・

その上、ヒーローは死んでしまうと生き返ることはないので、お気に入りのヒーローが瀕死の時はクエストを放棄して撤退する決断が必要だったりと、結構シビアな感じのゲームですね〜
まあ、ヒーローは1クエスト終えて戻ってくると追加されているので、常に4人のパーティーは組めるようではあるんですが、せっかく育てたヒーローも敵のクリティカルヒットを受けてあっさり死んでしまったりはショックですからね・・・w
一応即死ではなく、瀕死の状態で再度攻撃を食らう前に回復したりすることで助かる場合もあるんですが、ターゲットにされてたりすると集中攻撃されるので、あとは攻撃される度に回避してくれ!と祈るばかりw

錯乱してしまった仲間は、街に戻ってから教会とか酒場で回復することが出来るんですが、その間はクエストに連れていくことが出来ず、毎回バランスのよいパーティーを組めなかったりするので、どのヒーローを雇用するのかも重要っぽいですね〜 前衛とかそれぞれ得意分野もあって、配置する場所や攻撃スキルによって、攻撃出来る敵の位置も変わってくるので並び順も大事ですね〜

上の矢印の奴のせいで全滅しそうになったんですが、仲間を召喚して自分は最後方に下がるので、近接だと届かないし、召喚したやつは回復もするしで、3つ目くらいのクエストで全滅されそうになるんですから、かなり難易度は高そうですね・・・w

とりあえず、絵柄と雰囲気が好きで注目していたので、なんとか頑張ってクリアまで勧めたいですね〜
(DLCのほうは日本語版になっていないようなので、とりあえず今回は本編だけ購入)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA