石炭発電機を作るための、とても長い道のり!

HI-SCORE: 20200711

Satisfactory

え〜と、本日のSatisfactoryなんですが
序盤で最も手間のかかる石炭発電機の稼働についてです!

とにかく、まず何が大変かっていうと、石炭採掘出来る場所がかなり離れていること! 一応、トラックステーションに納入してトラックで運搬させられるみたいなんですが、トラックの移動ルートを記録しないとならないみたいだし、安定した供給が出来ないと電力止まっちゃうしな〜ということで、やはりベルトコンベアー輸送となるんですが、拠点なでベルトコンベアー繋げる作業が大変なんですよね・・・

砂漠エリアだと、最短距離でも1kmくらい繋げないとならなくて・・・
現状だと、この時点で投げ出す人が多いのではないかなと・・・w

そして、お次は水の確保なんですが、この水の取り扱いも結構面倒で、高いところから低いところへ移動させるのは楽なんですが、その逆だと水の流れの勢いが削がれるので、パイプラインポンプを繋いで圧力をかけたりしないと水が上がっていかないんですよね〜

まずは、上の画像が揚水ポンプで、この装置で水を吸い上げて10mの高さまで上昇させられるみたいなんですが、垂直な高さではなくて傾斜でも勢いが削がれるので、結構頼りないんですよね・・・

なので、水流の勢いが止まる手前で、下の画像左下のパイプラインポンプというのに繋いで、電力で圧力をかけて水を更に上昇させる必要があるんですよね〜

結構水に限らずに液体の長距離輸送は大変そうなので、石炭発電機なんかは水辺に近い場所を選んで設置したほうが良さそうですね〜

んで、なんとか石炭と水を確保することさえ出来れば、あとは石炭発電機を増やしていくだけで電力供給が安定するんですが、石炭発電機は3機までですかね〜 その頃には石油発電の開発も出来るようになるし、あまり石炭輸送を分配させ過ぎると逆に石炭の供給が追いつかなくなってくるのでね・・・

とりあえず、石炭採掘場所までは電線引いて採掘が止まらないようにしておいたほうが良いですね〜 バイオマス燃料だと手動で燃料投入する必要があるから、遠くまでいちいち運ぶのが面倒だし、うっかり忘れていて石炭の運搬が止まってしまっていて、電力供給ストップした!とかになると大変ですからね・・・w

そんでもって、ようやく電力供給が安定したな〜と思っても、次の段階へと進むための起動エレベーターで必要とされる資材を揃えるのがかなり時間かかりますね・・・w どうしてもネジのところで生産が追いついていない感じなので、ネジの生産は2箇所で行ったほうが良いかも! ネジの製作機をパワー・シャード使ってオーバークロックして生産速度を最大まで上げても追いついていなかったし、あまりオーバークロックすると、電力足りなくなってブレーカー落ちるのでね・・・w

とにかく、材料さえ集められれば手動で資材作ってしまったほうが早いってのが、このゲームの不思議なところですね〜w

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA